【読書感想】我が子の教育にベストプランは存在するのか?−統計学関連の本をいろいろと

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 23:37

JUGEMテーマ:幼児教育

 

インフルエンザの流行が恐ろしすぎて、うがい・手洗い・消毒をしまくり

人混みを避けて避けて乳児と引きこもりながら、読書三昧の今日このごろ。

 

といっても読書できるのは午前中だけで、うまくいって2時間くらい。

全然足りないと感じるときもあれば、2冊も読めて大満足!ということも。

 

今回のように、近いテーマの本を数冊連続で読むと

知識の土台を有効活用できて、読書効率が良い。

 

で、時期がちょっと離れているものもあるけれど・・・

自分の中では、下記をまとめて咀嚼(飲み込めなかったものも含めて)。

 

 

※直感的統計学 については、もう少し時間のあるときに手を動かしてちゃんと勉強したい。

 


 

自身が教員ということでも無い限り、我が子への教育は盲目的になりがちだと思う。

 

他所の子どもと比較ができないこと

結果がすぐにでないこと

正解がないこと

 

などが理由に挙げられるが、とにかく暗中模索の日々。

 

だからこそ、『子どもを○○に合格させた』ママの本が売れる。

 

こういうケースもあるんだ、こういうお家もあるんだ

こんな風にうまくいく可能性もあるのかも・・・という程度に

他所のおうちをちょっと覗かせていただける のは本当にありがたい。

自分の立っている場所が、ぼんやりとわかるような気がするから。

 

しかし、それ以上でも以下でもない。

他人の成功事例と経験を読んでも、我が子という唯一無二のサンプルを前にして

どうアプローチするのが正解か、という答えは出ない。

 

統計学的にエビデンスがあったとしても、我が子に当てはまる

法則かどうかはわからない。

 

 

このあたりの書籍を読んで、因果関係なのか?相関関係なのか?

という視点を持ちつつ、世の中の情報をしっかりと捉えたいと感じつつも

やはり教育に関しては、我が子を真剣に見つめる他ないなあ、と改めて思った。

 

 

君はどう感じる?

君はどう反応する?

 

 

「東大合格する子はみんなやってるんだから!」なんて

大雑把なことは言わないで、我が子の機微に聡くありたい。

 

結果の手応えが伴わない褒め言葉なんか、自信に繋がらない。

できた!という手応えを自信に変えていく。


そんなことは、データ無しでも見ていればわかることだ。



そして、幼児期には「タフにすること」を第1テーマに

忍耐強く、我慢強く、肉体を健康にして未来へ備えたいと思う。

 


 

具体的なアプローチとしては、直近で読んだ「あなたの「天才」の見つけ方」のほうが

いろいろと参考になった。また別記事で。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM